仕事を選ぶ基準はなんでしょうか?「残業が少ない」これも大切なことの一つです。

すべての女性が輝く社会づくり

 

日本でも今、女性が元気にはたらく力が求められています。

 

安倍内閣で提唱された「すべての女性が輝く社会づくり」は、社会で働く女性を応援しています。
女性が生き生きと柔軟にプライベートや子育てをしながら仕事を続けることは、誰もが理想とするところです。

 

日本でも女性の社会進出が声だかに叫ばれて久しいですが、まだまだ男性中心の社会が続いていたといわざるえない部分がありました。

 

 

 

女性が働きにくい社会環境がまだあるのが現状

セクハラの画像

 

男性が中心になって働くことは悪いことではないと思いますが、それを権力が与えられたと勘違いして、偉そうに振る舞ったり、セクハラしたりする男性が多いのも事実です。

 

「残業しないなんてとんでもない。」「産休や育休をとるなら会社を辞めろ。」など、前時代的な風潮がいまだに残る職場があるのも、残念ですが事実です。

 

そこでいつも苦しむのが、真面目に働きたいと思っている女性や、セクハラやモラハラ被害を強いられる女性たちです。

 

純粋に「良い仕事がしたい。」「自分を成長させたい。」「誰かの役に立ちたい。」と願っているだけなのに、女性というだけで偏見を持たれたり、甘く考えられたりするのは悲しいですね。

 

しかし本当に少しずつではありますが、女性にとって働きやすい職場や環境づくりというものも進んできました。その中でも残業も少なく、子育てもしながら仕事を続けられたり、プライベートを充実させながら仕事ができる職場も増えてきており、今後もこういった取り組みを期待したいものです。

 

 

 

女性は仕事とプライベートを両立できる

 

この時期になって見直されるのが仕事のON・OFFをはっきりさせることです。

 

男性はすぐに仕事だけが人生になってしまったり、仕事をすることだけが生きがいになったり、仕事こそが自分のアイデンティティだと思い込んだりします。これによって家庭を省みなくなったり、夫婦関係が壊れたりするケースが後を絶たないのも押さえておきたいポイントです。

 

仕事は確かに大切で何よりも優先させなければならないことだけれど、それによって家族や他のことを蔑ろにしていいということではありません。

 

女性の良いところは、仕事を続けていく上でのON・OFFをはっきりさせて、プライベートと仕事を両立することができる点です。

 

 

 

女性が輝く社会とは?

指を立てる女性の画像

 

女性が輝く社会というのは、仕事に打ち込んで女性を捨てて、男性と対等に渡り合うということではなく、就業している時間は職務を遂行して、会社や社会の欠かせない一翼を担いながら、仕事が終われば趣味や習い事、家庭のことや家事をそつなくこなして、社会人として母として妻として個人として輝くということです。

 

そのためにアフター5を充実させることができる残業の少ない職種を紹介しましょう。

 

そんな都合のいい仕事はないと突っ込まれそうですが、多くの人が現在、自分のいる職場を基準に考えてしまいがちです。

 

しかし日本には多くの会社や職場があり、その働き方は一概ではありません。

 

確かにまだまだコンプライアンスの行き届いていないサービス残業の多い職場や、労働時間を無視した職場などがあることも事実です。

 

ですが、サービス残業・法外残業は違法です。
「うちの会社はみんなそうだから…。」と思わず、残業を無賃でしていた人や、たくさん残業をしていた人は、会社に残業代請求をして、働いた分の賃金をきちんともらいましょう。

 

しかし、その中で少しずつ働く人の「働きやすさ」に注目して、その改善を図ろうと試みている職場も多数あることも押さえておくべきポイントです。

 

 

 

女性が働いてる職場は、さまざまな職場がある

 

そもそも女性が働いてる職場というのは、もともとさまざまな職場があり、女性の仕事の定番である一般事務や販売職などは昔から有名ですが、その他に専門性が少し高くなる歯科衛生士や薬剤師などは、アフター5も活かせるし、さらに給料も高いという好待遇です。

 

また最近人気が上がっている医療事務の仕事などは、それほど残業が多いわけではなく、比較的終業後の時間も自由に確保できます。医療事務は薬剤師などよりは比較的目指しやすい資格で、就くことのできる仕事でおすすめしたい仕事の一つです。

 

その他にタクシーや配送などのドライバー関係の仕事にも女性が多く進出するなど、女性が活躍できる職場はますます多肢にわたるようになってきました。

 

残業が少なく働きやすい職場を見つけて、プライベートを尊重しながら自分をもっと輝かせましょう。