仕事内容は食事介助や排泄介助、入浴介助などがあり、施設によってはレクリエーションを行います。

介護士

 

少子高齢化社会の現代では介護士の仕事と言うのはとても重要な職種になってきています。

 

介護士の仕事

 

介護士の働く現場は様々で、訪問介護など利用者の自宅に直接赴いて介護業務をするものや老人ホームなど24時間体制で運営している施設や、デイサービスなど利用者をバスで送迎し、施設に居る時間帯に介護業務をするものなど様々です。

 

仕事内容は食事介助、排泄介助、入浴介助などがあり、施設によってはレクリエーションを行うところもあります。

 

体力勝負に見られがちな職場ですが、コツさえつかんでしまえば体力のない女性でも比較的簡単に介護業務をすることができます。

 

介護士の労働時間

介護士の画像

老人ホームなど24時間運営をしているところはシフト制となっており、夜勤はありますが、人の入れ替えもあるので比較的勤務時間内で仕事を終えることができます。
また昼間のみ、夜勤のみなどの施設も存在します。
訪問介護やデイサービスは決まっている時間の中で業務を遂行するので残業は起こりにくいといえるでしょう。
残業が起こりづらいのは、給与などが介護報酬によってまかなわれているからです。

 

残業の多い職場につかないために

しかし、施設によっては残業が当たり前に存在するところもあります。
介護施設に就職する際には面接時や前もって施設見学が可能なところが多くあるので、自分の目で働いている職員などを見ることにより判断すると良いでしょう。
その上で面接希望を出すことも可能です。
また、パートや派遣登録をした会社経由の就職であると残業が無い傾向が多いです。

 

介護士になるために

福祉学科のある学校を卒業するか、通信教育で資格を取ることも可能です。また未経験から仕事ができる施設もあります。
また、勤務年数や取得資格により上位の資格取得を目指すこともできます。