猛勉強して国家資格・薬剤師になろうとしている人必見!

薬剤師

 

仕事内容

薬剤師の画像

薬剤師は、病院に行って医師に処方箋をもらって近くの薬局にいくと、その処方箋をもとに薬を調合したり、提供したりする人です。
いつも白衣を着ていて、静かな局内でありながら、けっこう忙しそうに作業しているのが特徴ですね。

 

主に薬局、病院内、ドラッグストア、製薬会社、健康食品会社、研究所などで活躍している国家資格の必要な専門性の高い仕事です。

 

 

収入

薬剤師といえば高度な専門性の仕事で、給与も高水準であることが多い仕事です。

 

 

残業・労働時間

では残業や労働時間はどれくらいかを考えてみましょう。

 

薬剤師が活躍する職場は同じ調剤薬局でもさまざまです。
薬剤師は薬剤を管理して、患者へ調合して、会計や帳簿の管理まで行います。

 

特に薬剤名は多種多様で薬剤師になるまでにも気の遠くなるほど勉強するでしょうが、仕事に就いてからも覚えるのが大変そうですよね。最近ではジェネリック医薬品など新たに登場したものも多く、さらに覚えなければならないことが増えたようです。

 

薬局の忙しさは場所やエリアによってまちまちで、駅前や繁華街にある薬局、大きな病院で外来患者の多い職場は自然と仕事量も増えてくるでしょう。そういった職場では仕事量や残業も多くなり、朝8時や9時から出勤して夜の9時や10時になることもあります。

 

しかし、そうでない薬局や地方の薬局などは定時に終わったり、比較的早く帰れるところも多いようです。朝8時~夜17時まで、朝9時~夜18時までなどアフター5を充実させることのできる職場にあたる可能性も高いです。
そういう職場では収入もいいし、残業も少ない魅力的な仕事であるといえます。

 

 

国家資格が必要

薬剤師はとてもハードルが高く、薬剤師資格という国家資格を取得することが大前提となります。

 

大学の薬学部などで6年間の薬剤師養成課程で学ぶ必要があります。
薬剤師養成課程を修了して、さらに国家試験をパスしなくてはなりません。

 

薬学などを中心に生物学や疫病学などのさまざまな知識を身に着け、実務につくことが求められると同時に、現場での責任もあり、それなりの対応力も求められます。

 

アフター5が充実するとともに有意義な人生が送れる仕事であるともいえますね。