スポーツや運動が好きでスポーツジムで働きたいと思っている人必見!

スポーツインストラクター

 

スポーツジムやフィットネスクラブに通う人が増えています。女性でもダンスやヨガなどが人気になるほど健康のために体を動かすことが注目されつつあるようです。

スポーツインストラクター

 

生活習慣病のリスクが声高に叫ばれるようになって久しいですが、人々の健康志向や運動習慣への見直しの意識が高まっています。

 

実際に体を動かして汗を流すことは、気持ちがよく、適度に体に負荷をかけることは質の高い睡眠を促し、より健康的な精神衛生的にもおすすめです。

 

そういった中で都市部を中心としてスポーツジムやフィットネスクラブなどのニーズは高まっています。そうなるとスポーツジムで働く人のニーズも必然的に高くなります。

 

 

仕事内容

スポーツジムで働く人と言えば、スポーツインストラクターです。

 

スポーツジムやフィットネスクラブを利用する人たちにむけたエアロビクスやダンス、プールにおける水泳、ウェイトトレーニングなどトレーニングについて指導することがスポーツインストラクターの仕事です。

 

スポーツジムで働くインストラクターの仕事は、直接利用者にトレーニングや指導をレクチュアするだけでなく、受付業務やその他の実務作業も行うことが求めらます

 

インストラクターは人に指導すること、または利用者をサポートすることが主な業務になってくるので、自ずと接客的な要素も多分に必要とされます。コミュニケーション能力や利用者が何を必要としているか、自分にどんな指導を求めているかを探る能力も求められます。

 

 

労働時間

朝はスポーツジムを開店させる前に出社します。

 

スポーツジムの営業時間にもよりますが、早番と遅番があり、早番は朝7時など比較的朝は早いようです。ジムを開店させて、利用者が訪れるのを迎えて、各々のトレーニングやエクササイズを指導したりします。
そして16時~17時頃に業務を終了して、残務がなければ帰りの準備をするという形です。

 

遅番の場合は、午後以降に出勤して夜の23時以降に業務が終了することもあります。

 

 

残業

スポーツジムにもよりますが、遅番と早番に分かれていることが多く、残業になることは少ないと聞いています。ただ人が足りなかったりすると急きょ残業を頼まれることもあります。