オペレーターの仕事に興味がある人必見!

オペレーター

 

オペレーターやコールセンタースタッフについてご紹介します。

 

仕事内容

みなさんも普段生活をしていて目の前に対面しない、電話口だけのオペレーターやコールセンタースタッフ、サポートセンタースタッフとやり取りすることは多いと思います。

 

コールセンタの画像

例えばテレビショッピングの注文受付であったり、家電製品の修理窓口であったり、または商品に対してクレームを入れることもあるでしょう。小売店や百貨店であればお客様相談室に当たります。

 

そういったときに専門の電話応対のセンターを設けて対応しているのがオペレーターやコールセンタースタッフです。

 

 

オペレーターは女性向けの仕事

オペレーターは女性向けの仕事です。
男性でも素晴らしいオペレーターはいますが、女性の優しく母性ある声の響きというものは、顧客としては信頼しやすいし何より安心します

 

 

営業スキルが必要とされる職場も

また、オペレーターはお客様からの問い合わせに対応するだけでなく、個人宅に電話をかけて商品を買ってもらったり、企業などに電話をかけて資料を送るアポイントメントを取ったりと販促活動をすることもあります。

 

したがってコミュニケーション能力や接客の能力だけでなく、営業スキルも必要とされるなど、電話のみのやり取りでありながら総合性の高い職種というとがいえます。

 

 

労働時間

大きな企業であればあるほど、このコールセンターが整備されており、応対スタッフもそろっています。日本では国際的にも重要な巨大メーカーが多数あり、そのサポートセンターも充実しています。

 

こういったセンターの稼働時間というのは概ね平日の8時~17時、9時~18時までというものです。
センタースタッフの勤務時間も大体この時間帯に勤務するようになっています。
それ以降の残務もあまりないといっていいでしょう。

 

したがってアフター5を活かしやすい仕事です。
終業時間間際に電話を取って、やり取りが続けばすこし残業になることもありますが、センターの営業時間が終了すれば、オペレーターの仕事も終了します。

 

稀にもう少し遅い20時や21時まで稼動しているセンターもあり、そして24時間フル稼働しているコールセンターもありますので、その辺は就職する前に確認するといいでしょう。

 

 

 

人と話すことや、コミュニケーション能力に自信がある人に向いた仕事ということがいえるでしょう。