体を動かして規則正しい生活が送りたいと思っている人必見!

工場・生産ライン

工場の画像

 

アフター5を大切にしたい人向けの仕事として工場で働くことがおすすめです。

 

工場の生産ラインというのは、ラインや班によって分けられており、その月々やその日の生産計画に基づいて製造作業を進めます。

 

日本には多くのメーカーがあります。自動車や家電製品、精密機器、食品メーカーや化学メーカーなどさまざまな業種の重要な拠点が多数あります。

 

その中の工場部門で働く人たちは、体力的にきついなど嫌煙される傾向もありますが、見方を変えれば時間的に規則正しい生活が送れる場所かもしれません。

 

 

労働時間

工場の労働時間というのは、主に7~8時間程度の実働時間が普通です。また、工場というのは、業種によって異なりますが、日勤、夜勤、2交代、3交代などのシフトが存在します。

 

日勤

日勤は主に朝8時~夕方5時程度で、一番規則正しい生活が送れます
生産量が多いピーク時は残業があるときもありますが、1年中残業が続くということはありません。

 

残業がなければみんな定時に工場を後にするのでアフター5を楽しむという意味では、体力的な問題をパスできれば、時間的な余裕をつくりやすい職場でもあります。

 

 

夜勤

夜勤は夜8時などみんながこれから寝静まる時間に勤務を開始して、朝5時などに勤務を終了するという勤務帯です。これは日勤と昼夜が逆転したものです。
メリットは夜勤手当や深夜割増によって給料が高くなる点です。

 

 

2交代・3交代

そして2交代や3交代というものがあります。これは日勤と夜勤を専従的に行うということではなく、1週間ごと、もしくは2週間ごとに交代で勤務するということです。

 

3交代は日勤や夜勤に加えて夕勤などさらに時間帯を3区切りに分け、それを分担的に交代して勤務します。これに関しては夜勤手当に加えて、交代手当がつきますので収入も高くなりやすいです。

 

ここで注意しなければならないのは、1週間のスケジュールです。

 

月曜日~金曜日まで、朝8時~夕方5時までの日勤の勤務形態ならかなり勤めやすい職場といえるでしょう。しかし、夜勤労働の負担が大きいのは間違いがありませんが、2交代や3交代には土日が休みの5勤2休ばかりではなく、4勤2休や3勤3休などの変則的なスタイルもあります。
これは4日勤務して2日休むという勤務形態なので土日に休めるわけではないのです。