一般事務やアシスタント業務の仕事を探している方必見!

一般事務・アシスタント

 

女性にとって一番身近でメジャーな職種といえば、一般事務の仕事が挙げられます。

 

仕事内容

仕事内容は、書類の作成やファイリング、データの集計や郵便物の管理、そして電話の応対や来客応対なども事務の仕事です。

 

高い事務処理能力が必要とされ、来客者を案内したり、見込み客や部外者からの問い合わせに対応することが多いので、丁寧な言葉使いや一般常識を習得している必要があります。

 

一般事務の画像

また1日の中でパソコンと対面していることが多く、エクセルやワードなどのパソコンスキルも求められます。

 

1日の大半、パソコンの前に座っていることで体力的に疲れるというよりは、座っていることの大変さ、窮屈感、疲労があると聞いています。

 

目が疲れたり、肩が凝ったりという職業病は覚悟する必要がありますが、アシスタント的な要素やホスピタリティのある女性らしい仕事の一つともいえます。

 

民間の一般企業だけでなく、公的な区官庁などでも企業や団体の運営を支える仕事であり、ニーズとしても高い仕事だといえるでしょう。

 

 

収入

ただ全体的にいえるのは、それほど高収入とはいえません。

 

どちらかというと若い女性の中には、事務職の収入が少ないことを嘆く人もおり、その意味で妥協しなければならないところもあります。

 

しかも最近では派遣スタッフやパート・契約社員として働く事務スタッフも増えているため、事務職の全体の平均収入はさらに低い水準に落ちてきているかもしれません。

 

事務アシスタントなどという言い方もしますが、これは例えば営業社員が補佐する書類の作成だったり、名刺の管理だったり、スケジュールの管理だったり、顧客リストの管理だったりを営業社員に変わって行うことが求められます。

 

 

残業

残業に関しては、業種や部署によっては多忙なところもありますが、全体的にみればそれほど多くはないと思います。多くても月平均20時間以内とか、毎日1時間くらいの残業などです。

 

夜遅く終電間際までオフィスに残る必要はないでしょう。アフター5を満喫することも可能で、プライベートの予定も比較的に立てやすいといえます。

 

 

就職先

主な就職先としては不動産業界や建設業界、メーカー、商社などが挙げられます。