これから販売職を経験したいと思っている人必見!

販売職

 

アパレルショップや百貨店、紳士服の量販店、または宝石などのジュエリーなどを扱う店舗などでお客様を接客して、商品を売る販売職も女性の力が必要とされる職場です。

 

買い物をする女性の画像

男性のスケベ心などあまりに単純なもので、男性スタッフよりも可愛くて若いきれいな女性スタッフに接客されて商品をすすめられれば、思わず購入してしまうのが悲しい男の性です。

 

また素敵な笑顔で「お似合いですよ。」と接遇されると、男女関わりなくうれしいものですね。

 

 

仕事内容

販売職はそういったお客様の接客からレジ対応商品包装売り上げや在庫の管理、そして棚卸をしたり、電話による応対をしたりします。また、ディスプレイ店舗レイアウトなど、売り場づくりをすることもこういった販売職スタッフの仕事です。

 

 

労働時間

だいたい販売職の従事者の1日というのは、朝8時~9時頃出勤して店舗の開店の準備をはじめます。

 

正社員の販売職の場合は、店舗の開店~閉店までの間ずっと勤務する場合も多く、労働時間というのは比較的に長い仕事だと言わざるを得ません。

 

 

販売職に求められるもの

販売員の画像

 

販売職に求められるのは、言うまでもなく接客の能力であり、高いコミュニケーション能力、そしてお客様をもてなすサービス精神の高さです。お客さんにとって、素敵なショッピングの時間を提供して、「この人から買ってよかった!」とうならせるような接客の技術が必要とされます。

 

また、ただ売る技術、買わせる技術ということではなく、商品に関する知識であったり、コーディネートの技術やセンスが広く求められるので、専門性の高さというものも必要です。

 

店舗によって繁閑の開きはありますが、セールやイベント、商品のキャンペーンなどを行うとさらに仕事が増えることもあります。肉体労働ではありませんが、1日中立ちっぱなしの仕事になるので、体力的にきついという意見もあります。

 

 

 

販売の現場というのは、ライトアップされていたり、きれいで演出された空間の中で働き、さまざまなお客様との出会いがあり、多くの人とコミュニケーションを取ることの出来る仕事でもあります。

 

また、派遣やパートで勤務するならば、正社員よりは少ない実働時間で働くことができるので、アフター5を活かすことも可能です。女性が素敵な輝ける仕事として販売職はいつもおすすめの職場です。

 

女性向きの職場「オペレーター・コールセンター」とは?